いよいよ開催まであと12日になりました。

いけばな大賞2014生け込み風景
いけばな大賞2014生け込み風景

いけばな大賞2015開催まで残すところ、わずかとなりましたが、ご準備のほうはいかがでしょうか?
事務局も準備に追われる毎日です。皆様が気持ちよくお花を生けられるように頑張っております。

当日の流れをお知らせいたします。


 

搬入

台車を使用するかたは搬入調整した約束の時間に、建物裏手の搬入口から大型エレベーターで11階へ(学生の部の方は10階へ)
台車に十分な数のご用意はございませんので、各自でご用意ください。
手荷物の方は正面から客用エレベーターで同じくそれぞれの会場へ。(お客様にご配慮ください)


受付

各会場に受付がありますので、受付を済ませてください。その時に「審査表」が必要になりますのでお忘れなく。
名札を受け取ります。(名札は搬出時に回収いたしますのでそれまでは大切に保管ください。生け込み中は必ずお付け下さい。)
作品写真のご希望の方は写真屋さんの受付で申し込みましょう。


会場へ

説明会の折に抽選で決められた番号の席へ荷物を運びます。(ヴィクトリーいけばなの部は受付にて抽選をし、席番号の場所に作品を設置します。)
会場では指導者からの指導を受けることはできません。
花材を広げて花材点検の準備をしましょう。(指定花材の部は副花材のみ)
花器を設置し、水を入れることができます。(花材は器に入れることはできません)
不必要な梱包材料等は花材置き場に名前を明記の上、保管しましょう。(自己責任でお願いします)


退場・花材検査(学生の部を除く)

時間が来ると、全員いったん会場から退場し、それぞれの部門の場所で待機します。その間に花材検査が行われます。問題がある場合は花席番号で呼び出されますので、必ず待期をお願いいたします。花材検査が終わった部門より会場に再入場します。まだいけこみは開始ではありません。一度退場すると会場へは戻れませんので、ご注意ください。


生込み開始

監査委員の指示で一斉に生け込みを開始します。通信デバイス(携帯電話、スマートフォン、pc等)の使用は禁止です。緊急時は監査委員にお申し出いただき、会場外で通話してください。
トイレなどで退場する場合は必ず監査委員の許可を得てから退場して下さい。無許可で退場した場合は制作終了とみなし、再入場できませんのでご注意ください。
休憩所を設けてありますので、休憩、飲食はそちらでお願いいたします。また、その折には会話はお控えください。
作品の大きさについては監査委員が巡回した折に計測してください。(最終的に退場後、再計測し、超過の場合は減点されます)


制作の終了

制作時間には花席の片付け、清掃も含まれています。清掃が行き届かない場合、減点になる場合があります。
時間内でも作品の制作が終了した場合は退場できますが、再入場は出来ませんのでご注意ください。
監査委員の合図で一斉に退場します。指示にしたがない場合、減点になることがあります。また、再入場はできませんので、必要なものはすべて持って出てください。
これで生け込みは終了です。残花や道具、梱包品は花材置き場においてください。(自己責任でお願いいたします)


監査・審査

監査委員により作品の大きさ、その他の監査が行われます。その後、審査委員会により厳正に審査が行われます。審査結果は事務局により審査規則に則り、集計されます。


結果発表

審査の結果は翌朝までに会場に張り出されます。また、入賞者には入賞札が立てられます。(前期展では暫定的な発表となり、後期展審査後に確定になります)


手直し

いけばな大賞では審査制のため、原則、生け替えは出来ません。水を足すことは構いませんが、生け替え、指導者による手直し等は一切できません。
ただし、花が著しく痛んでいると認められる時は、事務局か監査委員の許可を得てから、生け替えてください。


 

 

 

 

 

 

コメントを残す