カテゴリー別アーカイブ: 作品について

作品についてのよくある質問です

いけばな大賞2017 説明会における質問について

平成29年10月14日に開催されました花展説明会においての質疑応答について記載いたします。
これ以外の質問についても、正式な回答がでましたら、ホームページ上で公開いたしますので参考にしてください。なお、ご質問はなるべく具体的に、書面で事務局までご提出ください。

説明会会場に於ける質疑応答

《質問1》
格花の部 生けこみ前の準備について
「要項には生け込み前には花留を入れてもよいとなっていますが今回の資料には水のみとなっています。花留は入れてよいでしょうか?、また、敷板は敷いてよろしいでしょうか?」
《回答1》
「格花の場合、事前に敷板を敷き、花器の中に受筒などの花留を入れ、水を入れることは出来ます。敷板、花台は作品の大きさに含まれます。」

《質問2》
指定花材の部 副花材について
「花の色の違った場合も異種になりますか?」
《回答2》
「花の色の違いは同種であれば一種としますが、例えば菊であってもスプレー咲きとそうでないもの、アンスリュームもミッキーマウスの様な小さいものとお化けアンスのように極端に大きい物は異種と言う捉え方をします。」

《質問3》
指定花材の部 副花材について
「例えば竹のように植物素材を編んだものは一種となりますか?(中に落としを入れますが)」
《回答3》
「それが明らかに器として使用するものと判断出来れば一種とは数えませんが、その素材が作品の大部分を占めないことが前提です。また、竹が花器でなく編まれている場合、違反となる可能性があります。監査員にはあらかじめ完成作品がわかりませんので、ご心配な方は事務局の方にスケッチで構わないので完成予想図などをお送りいただきたく思います。その際の判断結果はホームページ上で公開致します。」

出品者説明会が行われました。

11月23日シアター1010 10階アトリエにて出品者説明会が開かれました。
説明会では賞についてや、出品者への諸注意、花席の抽選等が行われました。
閉会後、希望者はコンクール会場となるシアター1010の搬入口の現地見学も行いました。
説明会は本日でしたが、学生部門の応募締め切りは10月10日となっております。
皆様の参加をお待ちしております。奮ってご応募下さい。

securedownload


第4回いけばな大賞2016学生部門にご参加の皆様へ(小学生向け)

このたびは第4回いけばな大賞2016学生部門にお申込みいただきありがとうございました。

当日までの準備などについてご案内させていただきます。

『事前に出来ること』

●おうちでお花を生ける練習をしましょう!どんな花をどんな器に生けようか?時間内に出来るかな?

●道具やお花の準備をしましょう(道具やお花には名前を書いておいてください!)

 【用意するもの】

☆いけばな大賞 2016受審票。忘れずに持ってきてください。

☆お花(生ける花を用意して、水揚げもしておきましょう。)

☆器(水が入ればなんでも器になります!工夫でいろいろな器も作れます。)

☆はさみ(太い枝を切るときは注意が必要です。細い茎や枝は工作用のはさみでも切れます。)

☆バケツ、水差し(水を器に入れる時に使ったり、生ける間、お花を入れておきます。)

☆レジャーシートなどの敷物(周りを汚さないようにシートを敷いておくとよいでしょう。)

☆新聞紙など(花を包んだり、いろいろと役にたちます!)

☆ふきん、雑巾(水や汚れを拭きます。かたづけも頑張りましょう!)

☆ごみ袋(ごみはお持ち帰りください。)

☆掃除道具(必要に応じてお持ちください。)

☆その他の道具(霧吹きや水のポンプ、両面テープなど必要なものは各自でお持ちください。)

 【作品について】

花留(花を止める道具、剣山、オアシス等)や花器、花材についての限定はありません。

※ただし、完成品に近いものは認められません。

例:器にすでに組んである枝を入れる。格花でできあがった枝をさすだけになっている。など

また、花は原則、ひとりで生けます。(掃除等も含め)低学年の部は係の者がアシストをします。

 【作品の大きさ】

要項にあるように大きさの規定を守ってください。

 

いけ込み日:11月19日(土)

【受付】

場所: 北千住 シアター1010 10階アトリエ

時間: 午後3時30分   受審票を持って受付に来てください。(抽選をして席が決まります)

名札を渡すので付けてください。

【準備】

器を用意し水を入れておきましょう。(水は決められた場所に用意してあります)

使わない道具や梱包してきたものは、指定の場所に名前をつけて置いてください。(自己責任でお願いします)

トイレを済ませておきましょう

保護者の方のお手伝いはここまでです。係の先生の合図で外へ出ていただきます。

【生け込み】

いける時間:午後4時~5時

先生の合図で生け始めましょう。

大きさが心配な人は係の先生に見てもらってください。

できあがったら、道具やあまりのお花をかたづけ、周りのお掃除をしましょう。

分からないことがあるときや、困った時は係の先生を呼びましょう。

終わりの合図で作業を終了して退室します。忘れ物がないように!

終了後、審査があります。

 

花展初日:11月20日(日)

【手直し】

午前9時20分~10時20分

花が痛んでいたら替えましょう。倒れたりしてなければ、生け直さないでください。

大人が生け直すのはだめです。名札を付けてください。

【審査発表】

会場にて審査の結果を発表します。

【開場】午前10時30分

午前10時15分より、11階の入り口付近にて、開会式、テープカットが行われますので 是非ご参加ください。

お友達やお知り合いを呼んで沢山の人に見てもらいましょう。

来年のために皆の作品も見てみましょう。

【閉場】  午後7時

11月21日(月)

【開場】 午前10時30分

11階で大人の人のいけばなコンクールが行われています見に行ってみて下さい。

【閉場】午後3時

【表彰式】 表彰式が会場内で行われます。参加者は全員出席してください。

【あげ花】表彰式終了後、後片付けを始めます。

保護者の方もお手伝いできます。ゴミや残ったお花はお持ち帰り下さい。

◎ お疲れ様でした。頑張りましたね!さて来年はどんな花を生けようかな? 楽しみに待っています。

 

《保護者の皆様》

この度はいけばな大賞2016学生部門にご参加くださいましてありがとうございます。いけばなは子供からお年寄りまで年齢を問わず楽しめます。是非、皆様のご家庭でもお花を生けてください。安全には細心の注意を払うつもりでありますが以下の事にご注意ください。

※ご注意       鋏などを使いますのでくれぐれもご注意ください。

監視する係の者がおりますが、万全ではありません。自己責任でご参加ください。特に年少者には係がつき添いますが、切ったり挿したりするのが困難なお花を選択しないようにご留意ください。

※ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

いけばな大賞2016事務局

〒170-0003 豊島区駒込3-4-2 6階 一般社団法人 帝国華道院内       TEL/FAX   03-3916-2800  http://www.kadouin.com

第4回いけばな大賞2016学生部門にご参加の皆様へ(中学生・高校生向け)

このたびは第4回いけばな大賞2016学生部門にお申込みいただきありがとうございました。

スケジュール、生け込みの諸注意等のご案内をさせていただきます。

 

11月19日(土)

【受付】 午後3時30分~ 北千住  シアター1010  10階アトリエ

花席の抽選があります。名札を渡しますので、つけてください。

生け込み】   午後4時~5時30分

審査】 生け込み終了後(100満点で採点)

11月20日(日)

【手直し】    午前9時20分~10時20分

出品者が行ってください。名札を付けてください。

【審査発表】   会場にて

開会式・テープカット

午前10時15分~ 11階会場入り口

是非、参加してください。

公開:午前10時30分~午後7時

 

11月21日(月)

【手直し】      午前9時20分~10時20分

【公開】       午前10時30分~午後3時

【表彰式】      午後3時~ (会場内)   全員、出席してください。

【あげ花】      表彰式終了後

【持ち物】

☆いけばな大賞 2016受審票。

☆花材

☆花器(どんなものでもかまいません)

☆はさみ

☆バケツ、水差し

☆レジャーシートなどの敷物

☆ふきん、雑巾、新聞紙など

☆ごみ袋(ごみはお持ち帰りください)

☆掃除道具(必要に応じてお持ちください)

☆その他の道具(霧吹きや水のポンプ、両面テープなど必要なものは各自でお持ちください。)

 

【出品規定】

花留(花を止める道具、剣山、オアシス等)や花器、花材についての限定はありません。

生け込みは、終了まで一人で行います。搬入のお手伝いはかまいません。

事前に練習して良いですが、完成した物(また、それに近い物)の持込はできません。

基本的に会場で作成してください。

植物を主材に作成してください。

作品は創作的なものとし、模倣的な物にならないようにしてください。

要項にあるように大きさの規定を守ってください。

生け込み開始前に花器に花材を入れてはいけません。(花留と水は入れてかまいません)

 

【花材審査について】

受付終了後、花材審査を行いますので、花席で花材を広げておいてください。

格花の場合   楔(くさび)を入れたり、ためたりして枝の形ができあがっていないこと。

枝や葉を束ねられたりせず、それぞれが独立し状態であること。

茎に針金が通っていないこと。

自由花の場合  あらかじめ花材を造形していないこと。それぞれが独立し状態であること。

構造体が作品の主題になっていないこと。

 

【その他諸注意】

搬入するとき、台車を使う大きな荷物は搬入口を利用してください。お客様用エレベーターは

ご遠慮ください。

使わない道具や梱包してきたものは、指定の場所に名前をつけて置いてください。

(自己責任でお願いします)

係の先生の合図で生け始めます。

大きさが心配な人は係の先生に見てもらってください。

できあがったら、道具やあまりのお花をかたづけ、周りのお掃除をします。

分からないことがあるときや、困った時は係の先生にきいてください。

終わりの合図で作業を終了して退室します。忘れ物がないように!

あげ花のお手伝いはかまいません。また、ゴミや残った花材はお持ち帰りください。

 

【賞について】

いけばな大賞(東京都教育委員会賞)・審査員特別賞・優秀賞・努力賞

【いけばな大賞表彰式】

平成29年1月7日(土) 箱崎ロイヤルパークホテル

中学生、高校生の部で上記の賞に入賞した方は、「いけばな大賞2016表彰式」 にて賞状を授与いたしますので、必ずご出席ください。

 

❋ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。

いけばな大賞2016事務局  〒170-0003 豊島区駒込3-4-2 6階 一般社団法人 帝国華道院内

TEL/FAX    03-3916-2800

いけばな大賞2017

 

出品者からの質問その3

指定花材の部の出品者からの質問

message : 副花材ですが、ストレチヤの花と葉を使う場合、2種類になるのでしょうか?

事務局からの返答

ストレチヤなど葉がついてくるものは1種類とします。違う葉を使用する場合は2種類となります。
他にカラーやツワブキなども同様です。
ご参考にしてください。

出品者からの質問その2

チャレンジスペースの部の出品者からの質問

message : Dタイプ(壁掛)ですが、金具はどのようになっているでしょうか?

事務局からの返答

パネル上部から取り付ける金具を1席につき、2個用意いたしますので、ご自由におつかいください。金具はパネル最上部に掛ける形のものです。その金具から作品に連結してください。耐荷重は4kgです。
詳細の図はこちらチャレンジスペースの部.pdf

ご参考にしてください。

出品者からの質問

指定花材の部の出品者からの質問

message : お聞きしたい事が何点かありまして
アカメヤナギ指定なのですが、副花材に違う枝ものを使ってもよろしいのでしょうか?
副花にドライフラワーはどうなんでしょうか?
玉砂利を使ったり、針金、フローラテープ、苔などを用いる事は可能でしょうか?
返答の方宜しくお願いします。

事務局からの返答

1、副花材として違う枝ものを使いたい。→OK
2、副花材にドライフラワーはどうか?→OK
3、玉砂利、針金、フローラテープ、苔→苔は植物(副花材)としてカウントされます。その他は問題ありません。
ご参考にしてください。